翠嶺クラフティング

個人作家、上住断靱の活動記録

文学フリマ

読書感想文「コメディ・ロンド(加崎湖羽)」

前回、読んだら書くと言いながらあまり書いていなかった。反省してきっちり書いていくよ。 第三十四回文学フリマ東京戦利品。 私のブースから佇まいが見えて、なんとなく面白そうだったので買ってみた。 一つの学園を舞台に少し不思議なようでそうでない短編…

第三十四回文学フリマ東京報告

半年ぶりの東京は前回よりも滞在期間は短く、それだけに予定はタイトになった。 荷造り等をぎりぎりまでサボっていたため、予定より遅い時間の土曜日に東京入りした。先にホテルへ荷物を預け、大学時代の先輩と池袋で飲んだ。到着時刻が遅れたことで少々怒ら…

第三十四回文学フリマ東京はアー23へ

翠嶺クラフティングは第三十四回文学フリマ東京に参加する。 今回は久々にジャンルを純文学に移しての参加。残念ながら新刊は資金不足で断念した。11月の東京には必ず出すので今回の東京に来られる方は応援の言葉でも頂ければと思う。 c.bunfree.net 前回…

第三十三回文学フリマ東京報告

去る11月23日(火)東京流通センターで開催となった第三十三回文学フリマ東京に参加してきた。今回は宿泊費が抑えられたこともあって、20日(土)から東京入りの長期滞在となった。その旅のことは別記事にするとして、先に文フリのことを書く。 結果と…

ケー36 第三十三回文学フリマ東京

久々にイベント参加。お金をあまり持っていないくせに、やりたいことが多すぎるマン故に最近は同人活動が縮小していて文フリ東京にしか参加していない。今年はあちこち行くつもりだったのに入院したということもあるけれど。第三十三回文学フリマ東京 11月…

第三十二回文学フリマ東京報告

上住は揺れていた。 第三十二回文学フリマ東京に参加するかどうかである。 ご時世のこともあるが、あろうことかFF14デジタルファンフェスと被ってしまったのだ。件の理由により出店を辞退して、光の戦士たちと祭りを楽しむことにかなり気持ちが偏っていた。…

第三十回文学フリマ東京は中止

第三十回文学フリマ東京は中止となり、久しぶりに書くこのブログも活動報告にも自粛にもならぬ記事となった。予定していた長編とラブコメ論の筆は止まり、最近発行していなかった純文学アンソロジーのほうに力を注いでいる。本来なら東京出発に向けた準備や…

第五回文学フリマ福岡 報告

2019年10月20日(日)第五回文学フリマ福岡は807人(過去最高)の来場者を迎え、盛況の内に終わった。私も夜行バスで福岡入りし、夜は新幹線で帰阪という宿泊なしの強行軍で参加した。自分にお金をかけることが勿体なくなってきた上、福岡という…