大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

起業活動

大坂文庫の終わり

気がつけば前の更新から二週間経ってしまった。 勤め先の大騒ぎでヘトヘトになったり、話題には困らなかったが、書こうとしていなかった。勤め先の愚痴は、ipadが復活したので漫画にしようと思う。随分久しぶりとなる漫画描きだが。 それよりも一つ大きなこ…

やっぱ本を作るのは楽しい

大坂文庫はKindleで新刊を発売した。 www.amazon.co.jp久々に自分が書いた小説ではない本を出版した。毎度のことながら作業は楽ではなかったが、完成した後に喜んでくれる著者がいることは普段と異なった達成感がある。今の勤め先が形ある結果を残さないせい…

企業としての大坂文庫再始動

二十代前半から半ばまで駆け抜けて準備をした出版社大坂文庫は長い間息をしていなかった。中途半端なまま破棄をするか、己の夢を掴むべく再始動するかケリをつけることにした。再始動の方へ舵を切るつもりで。駄目だったら、またどこかで社畜をやるだけだ。 …