大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

総括2020

 今年はコロナもあって諸々の予定が狂った。変わったことはたくさんあって、ただ翻弄されただけでなく、時短勤務や隔日出勤など得たものはあった。何しろ、拘束される時間が減ったことは大きい。7月には一つ大きな決断をして、難しい方を選択した結果、吉と出た。
 俗にいう嫁ブロックも突破して起業を進める一方、noteでの定期更新を止めて、またはてなに戻ってきた。
 11月の東京ではまた新たな出会いがあり、新たなビジネスを展開する動きも加わった。年の瀬にやることが多く増えた。来年の方向が早くから定まるのはありがたい。
 さて、年始には

一、辞める辞める詐欺を止める
   自分が思う生活をするためには飛び出して挑戦しなければいけない。
   年末、春日大社で誓ったことを無為にしてはいけない。
   三月にはもう退職する。それまでに準備をする。
 一、noteで連載小説
   昨年と同じだけれど、一週間に一度の日記更新とは別に小説を週に
   一回更新する。時間を確保すれば可能。
 一、ダイエット
   体が丸くなってきているので、毎日筋トレする。
   そのための生活環境を変える。
 一、日々精進
   ホワイトボードに書いて達成しては消していく日々の用事。

と、noteの記事に書いた。
一つずつ振り返ると、
 未だ退職していない。大分具体的になってきたものの、未だに二足の草鞋である。コロナで狂わされたところもあるが、私の動きが少なかった。別の会社に転職するか、独立するかちょっと迷っていたせいもある。
 
 結局、書かなかった連載小説。
 ただ小説は去年より書いているから、まあいいかという感想。
 
 ダイエットは完了していない。無理せずに継続しているけれど、ちょっと忙しくなると一か月やらなかったりするので、環境改善は未だに課題。

 ホワイトボードは活用中。手帳に毎日やることをクエストみたいに細かく書くようになった。「今日は何もしなかった」と気分が沈むことがなくなったので継続していく。

 大きな進歩はなかった一年だが、辞めていない間に勤め先はブラックさを取り戻しつつあるし、やることは増えている。来年は、この年末年始休暇も活かして、自分がやりたいことをやる一年にしたい。