大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

出雲冒険記2 一日目

今回は初の往復長距離運転に挑戦した。
以前、第一回文学フリマ金沢の合宿に参加するために車で参加した時は片道だった。それ以降の運転も交代で、ずっと私が運転することは初めてだ。
とはいっても、日頃の仕事で運転しているから不慣れではない。レンタカーでは仕事のオンボロより、いい車に乗れるので気持ちがいい。
箕面で友人を拾い、まずは鳥取砂丘を目指した。
鳥取砂丘では運良く雨があがり、少し風がふく中を歩いた。
f:id:duwazumi:20180922164615j:plain
f:id:duwazumi:20180922164647j:plain
人が点のように見える。距離があるのは分かっていたが、砂に足をとられ、思ったより汗だくになった。
f:id:duwazumi:20180922164913j:plain
苦労して見る景色は美しい。皆、無言で見ていた。

友人が砂の美術館も見たいということで訪問。なかなかの大作が並んでいた。
f:id:duwazumi:20180922165110j:plain
f:id:duwazumi:20180922165136j:plain
昼は松江城に向かう途中のサービスエリアで大山ラーメンを食べたが、店内にハエが飛び交い、二人で顔をしかめて早々に席を立った。
松江城では生憎の大雨が待っていた。
f:id:duwazumi:20180922165340j:plain
f:id:duwazumi:20180922165455j:plain
天守見学のために券を買うのにひと騒動あった。
券売機でおばはんが奇行にはしった。仕方なく窓口に並んだが、阪急公社のガイドが割り込んで、九人ぐらいのチケットを買った。すぐに終わるならいいものの、それがまた遅い。
私は友人に一連の話で悪態をつきながら、松江城天守の階段を上った。いつか信州で聞いたミニスカートのエピソードを思い出しながら。
途中、なぜか顔はめの板があり、雨でやけくそになっていた二人ははまっておいた。f:id:duwazumi:20180922170122j:plain
続いては小泉八雲記念館へと向かった。ここで雨足は弱まっていた。私たちが入った時は人が少なく、落ち着いて見学できた。旅先で城と文楽館を訪れることは恒例になっている。
f:id:duwazumi:20180922170325j:plain

ここで一日目の行程は終了。
玉造温泉へと向かった。文学フリマ大阪であちこち痛む体をリフレッシュする時だ。
旅館のプランには夕飯なし。
温泉街の店を教えてもらい、そこへ行く。
昔はスナックだったであろう居酒屋でのどぐろの干物と出雲そばを食べた。
f:id:duwazumi:20180922170622j:plain

温泉でひとっぷろ浴び、お土産屋で適当なつまみを買う。瓶ビールは割高だが、部屋に持ってきて貰った。色々と話し込んで一日目を終えた。
f:id:duwazumi:20180922171318j:plain

出雲冒険記 出発まで

出雲は今回で三回目だ。
しかし、過去二回は仕事だった。出雲大社にはろくすっぽお参り出来なかったが、良い妻を貰ったもので、木札を返してお礼をすることと、厚かましいことに新たに祈願する機会がないかと思っていた。
今回の旅行は大学からの友人とである。
しかし、妻も行けるならと誘ってみた。内心はビクビクしていた。引っ越しの金もないのに旅行に行くのかと説教されるかと思っていたのだ。
そんなことはなく、妻は家で引っ越しの準備を。私は旅行に行ったが見送ってくれた。私がずっと運転をするので、しんどい時は妻の顔がよぎって助けてくれた。
後の気持ちは記事がなくなるので省略するが、文フリ大阪後の休みを気持ちよく過ごし、長距離運転をこなしてきた。
旅は好奇心を片手に楽しむものであるが、今回は色々と挑戦した。タイトル通り、冒険である。

高校時代の話

私は頑なに「いじめられていない」と否定していた。
今となっては、いじめられていたと思う。しかし、色々な人に否定されたので、いじめられていたと認め、その上で性格がゆがんでいたと思うのだ。
かつての私は格闘技経験者と草野球のために筋トレしていたこともあり、それなりに頑丈であった。だから、私が気に入らない人間は「柔道」の時間に容赦なく締め上げていたのだ。
投げるだけでは我慢ならず、容赦なく「オェッ」と涙目になる絞め技をしていたのである。しかし、それは爽快であった。私に偉そうにしている人間が涙目で救いのギブをするのだ。そんなことが出来るいじめられっ子は少ないが、私にはそれができた。それが私の幸せだ。
「こいつは真の底まで弱いクソ野郎であるのに、日常ではそれを取り繕っている」
このことから私が学んだのは次の二点だ。
・筋肉は裏切らない
・人間は身勝手である
後者に関しては小説の題材となっている。
クソ人間はその行いに対していつかは報いを受ける時がくるのだ。
だからこそ、いじめられて苦しんでいる人を見ると、とても苦しくなる。今の私では、その悪を絞めることも出来ないのだ。

家を移す

また引越することにした。
思い立ったが吉日である。去年、四苦八苦して物件を探したのは、それはそれで意味があったといえよう。今度は家探しをしたことがない妻の出番である。とはいって、彼女一人に任せっきりではない。
去年はある程度、安定を考慮していた。それはファーストステージを用意する案内キャラクターの気持ちであった。今回はちょっと違う。
今回は、東京から来た妻が望む引越で、それならば物件を見に行こうと連れ出したのは私だ。
これから先、家を買うならば経験しておくべきことがあると思った。
これは上から目線だ。しかし、独り暮らしとそれがないとでは、大きく異なる。これは分かる人にしか分からないことだ。
結果として、現実的なところに落ち着いた。
その課程は端折るが、この人と結婚して良かったと思う惚気に終わる。

気がつけば二週間

文学フリマ大阪の準備が大詰めだ。今年も色々あったが、知恵と工夫と血と涙でどうにかなっている。少しこっちに力が入るとブログのほうが疎かになって二週間も更新していなかった。
もう少しのことだけれど、この期間が一番慌ただしい。
会社の夏休みは文学フリマ大阪終了後に取ることにしたので、それを楽しみに黙々と取り組んでいる。

味噌汁すら満足に作れぬ中で

今日はあなご丼を作る約束をしていたからアナゴを買いに行った。本当は昨日に作る約束をしていたのだが、他の考え事をしていて忘れてしまった。今日は同じ失敗はできないとフラフラと歩く老婆をかきわけかきわけ、タイムセールのアナゴを買った。
焼いてあるアナゴを買ったのだが、もうタレもついていた。
これでは切ってチンするだけだ。作るもへったくれもない。しかし、よく見なかった私が悪いのだ。急いては事をし損じるとはよく言ったものだ。
帰宅すると、妻はもう炊飯器のスイッチを押していた。
アナゴは切ってチンするだけだと話すと、味噌汁を作ることを提案してくれた。
ググったがいまいちよく分からない。うちの味噌汁は出汁が入っていないが、検索して見ていたのは出汁入りのやつだ。妻にツッコミを入れられながら、味見を繰り返し、どうにか味噌汁を作った。
カットわかめを入れる時、やけに緊張する。
昔、何かのマンガで読んだ増えるわかめの恐怖が頭を過ぎるからだ。
試しに指で二掴み分を入れてみたが、それで丁度良かった。
「写真、撮らないの?」
と聞かれたが今日はあなご丼を作るつもりだった。しかし、切ってチンだ。味噌汁は作ったものの、メインではない。
味噌汁はまた、材料を買って狙った味噌汁を作った時に写真を撮る。

本について「表紙買いしたくなる表紙となんだろう」と考えることがあり、考えは巡って、味噌汁を満足に作れぬ私がイベント運営をうんとこやっていることまで至って笑った。考えるより手を動かすことであり、上を見て落ち込んでいる場合ではない。

夏風邪

夏風邪をひいてしまった。
夏に体調が悪くなるなど久しぶりのことで、自分のことながら驚いた。
妻からは水分をきちんと摂らないから(ビールばっか飲んでいるから)と一言あり、最近、お茶も作っていなかったことを反省している。
今回は鼻風邪で仕事でもプライベートでも下を向くことが多い私には辛い。
花粉症の時に買っておいた鼻水を止める薬が大活躍して、辛うじて作業を進めている。具合によっては起きていられないこともあるので、さっさと治して集中したいものだ。