大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

作品準備

 新しい作品に取りかかり、ようやく去年自作した創作ツールを使用している。これを使って書き上げたものはまだゼロで、先日の長編ではもっとシンプルなものだった。徐々に本文に入るまでの手間がかかってきていることは、以前にも書いたけれど、一手間かけることは色々便利だ。頑張った証拠も残るので多少の達成感もある。


 使ったからといって面白くなるかどうかは分からないが、キャラがぶれることなどは防げるだろうなと現段階では思っている。トライ&エラーで改善しながら自分が使いやすいように改良していく予定だ。因みにこのツールは世に出す予定はない。作家個人の便利道具みたいなもので、人それぞれにこんなものはあると思っている。


 文学フリマに参加し始めた頃はホワイトボードにプロットを書いていた。今は某シナリオ講座で学んだものを少し自己流にアレンジして使っている。ホワイトボードはメモ代わりへと変わった。
 そうして書き方が変わることについては成長しているのかなぁとか思いつつも、作品を面白くできるかどうかはまた別問題だから難しいところだ。ただ、つっこみどろこが多かったり、読み返す必要をなくすことはできると思っている。


 何度も読み返しては懊悩する私は、ポンポンと投稿サイトに作品を載せられる人はイイ才能をお持ちだなと羨ましく思っている。
 私は今のところWebに載せているのは完成したものしかない。(一部連載中のもあるけれど)しかし、投稿で人気作品となっても本が売れるわけではなく、難しい世の中だ。色々心配事はあるが、淡々と作品を書き上げ発表していくように自分を追い込んでいる次第だ。今日は準備ができた。それだけでも、自分を褒めなければ折れる弱さで。
 

第二十八回文学フリマ東京 報告

第二十八回文学フリマ東京でチー4「大坂文庫」に足を運んで頂いた方々、その後懇親会で私の相手をしてくださった方々、ありがとうございました。お陰様で連休後半を楽しく過ごすことができました。

今回は前々日入りし、三日間カレー王と飲み歩くという強行軍。初めましての方とも多く会い、色濃い上京旅となった。当日は早起きし、会場入り。着いた時はまだ誰も来ていなかった。浜松町に宿をとっていたから地理的な有利を活かしたわけだ。一番乗りの特典は特にない。ただ気分がいいだけ。
懸念されていた設営もスタッフと設営ボランティアによる力戦で時間までに間に合った。カタログが遅れていたのはご愛敬。
新刊の初長編は無事に印刷できており、鮮やかな赤が私をほっとさせる。
誕生日席は歴史ジャンルの古参で並んでいて、顔見知りばかりであったのが余計な心配(はみ出して来ちゃう人)をしなくて済んだ。開始早々、対岸には列ができて度肝を抜かれた。知り合いが出ている以外はどれだけ有名な人が出ているかチェックしていなかったのだ。文学フリマもそういう所になったのだなぁと思った。
こちら側は通り抜けるゾーンになった。
しかし、ディスプレイは拘ったし、新刊の赤色は目立つのか「見ては貰えた」。忍者歴史小説という謳い文句では刺さる人が少なかったのかなというのが今回の反省だ。
途中、急にダウンするも懇親会では復活。
ブース周りはできなかったが、懇親会で数冊素敵な本を買えたから満足だ。サインまで頂いたものもある。感想はまた時折書く……予定。
因みに、初めて自分の作品をPRした。(目標までもうちょっとだったのもあり)
ほぼ出店者として過ごしたから、久方ぶりに初めましてと名刺を交換した物書きさん達に会えたのは本当に良かったと思う。エネルギーを充填した。体力の方はごっそり削られて、これを半目で書いている。
今日の反省、明日への努力。
ということで次回はもっと楽しむ余裕を持ちたいし、知り合いのとこには挨拶はしたい。他にも色々あるけれども、書き出して次へと繋げよう。

5/6 第二十八回文学フリマ東京はチー4 大坂文庫へ

きたる令和元年5月6日(月)東京流通センターで第二十八回文学フリマ東京が開催となる。大坂文庫は今回も参加だ。第一展示場のお誕生日席にいるから見つけやすいと思う。
ブース番号は「チー4」
大坂文庫に最初に寄ると便利な紙袋が手に入る。(一枚50円。本購入の際は無料)
暫く中断していたものの、今回から復活。これで文フリ東京も快適に回れるというわけだ。

f:id:duwazumi:20190427142503j:plain


今回は満を持して、初長編「尾生の信(びせいのしん)」が新刊として頒布となる。テーマは「途」。初のしまや出版を利用しての印刷で、仕上がりも楽しみな一冊となっている。
以下、あらすじ

 

戦国時代、伊賀国の下忍である与助は出世の望みを捨て、捻くれた日々を過ごしていた。
しかし、友である庄八の手を借りて彼は伊賀でその名を知らぬ者はいない絶世の美女、椿姫と出会い、いずれ武士になって迎えにいくことを誓う。
やがて織田軍と伊賀衆が戦をすることになり、彼らはその戦禍に身を投ず。
資料に残る下忍、与助は燃えさかる伊賀で何を見、何を得て、何を失ったのか――。

天正伊賀の乱を一人の人物を通して描いた。
忍者歴史小説長編。

f:id:duwazumi:20190427141144j:plain

竹槍から兜首へと出世のイメージを描いた表紙が目印。
今回は戦闘描写も豊富。
私の作品では過去なかったお姫様の戦闘シーンもあり。どんな戦いになるのかお楽しみあれ。

他、過去作品は文学フリマWebカタログへ。
「気になる」を押して頂けると励みになるので、一つ指を動かして欲しい。
https://c.bunfree.net/c/tokyo28/!/%E3%83%81/4

新刊間に合いそう

印刷所の〆切を眺めている。
今回の長編は書き上がったら、ここでする宣言をしているので、その通りにするつもりだ。いつも使っているところよりお値段は上がるが、仕上がりに期待ができる。
〆切を見ていると、どうにか間に合いそうだ。
日付が変わった今日に全てを調整して、入稿入金する予定だ。
極道入稿じゃないのは久しぶりかもしれない。
作品自体は一年前に書き上がっていたのだけれど、諸々あって遅れた。やはり人を介することは中々難しい。まあ、表紙自体は三年前に出来上がっているという遅筆ぶりもあったので、私も悪い。
やはりイベントに出る時は新刊があったほうが良い。
出店している本人のテンションも上がるからか、立ち寄ってくれる人も多くなるし、新しい感想を頂くこともできる。それが新しい燃料となって、次の作品に繋がるのだ。
最近は出来に拘りすぎて、完成まで至らぬことが多かった。これでは自分の作品で描いた「未完成の天才(「見上げた男」より)」だ。
今日はここまでにしようと思って、気分転換にブログを書いている。
入稿したら、取り敢えずネトゲのイベントを消化する。手に入れたいアイテムもあるので。すぐにこの集中を持続するべく次の作品に着手するけれど。
まずは入稿まで油断しないことだ。どんな罠があるか分からない。

迷った話

五月の連休最後に文学フリマ東京がある。
今回も新刊が難しそうだったので、旅費のことも考えて、スペースは取ったけれども断念しようかなと思っていた。
そこで「宿が空いていたら行こう」と思い、宿を見たら空いていた。
更に、出店案内が届いていたから開くと、誕生日席になっていた。
流石にここを空きにするのは勿体ないし、申し訳ない。ということで、気合いを入れて新刊を作り、文フリ東京に臨むことにした次第である。モチベーションが下がっているというわけではないのでご安心を。
それでも、迷うほどのことはある。行って売ったからといって確実に売れるわけではないのだ。同人は全てを準備してようやくどうにかなるか、である。その気合いが入るか少し日和ってしまった。
最終的に楽な道を選ばなかったから頑張るしかない。
当日は頑張って懇親会で旨い酒飲んで帰ろうと思っている。

バリア

どうにも病の方が中々強力に出張ってきているようで、体の中でうずを巻いている。立ち止まると、そこでうずくまってしまうから、無理にでも動いている。もうすぐ結婚して二周年になるうえ、第一回の文学フリマ大阪から七年も経つという時にどうしたもんだと思う。
丁度、季節の変わり目なのもあるだろう。
仕事先では慶弔届けが毎日のように提出されるし、職業安定所は繁忙期でずっと混んでいる。新生活で浮かれる人あれば、春の暖かさに気が抜けて死ぬ人もあり、引っ込んでいた病理に悩まされる人もある。
筋トレは辛うじて続けているものの、筋肉だけでは全てを封じきれぬらしい。幸いにして、話を聞いてくれる友人や応援してくれる人たち、妻がいることで、宗教の勧誘をはじき返すぐらいの体力は残っている。

UFOキャッチャー

最近、大学時代の友人と飲みに行くと、一軒目の後にゲームセンターを挟むことがある。昔のように長く遊べるゲームは少ないものの、ゲームの種類は規模によるが多種多様だ。友人はFATEに行くので、私は他のゲームをする。
UFOキャッチャーはコツを高校生の時に教えて貰って依頼、割と得意になった。十何年経っても、基本の攻略方は同じなのである。高校生といえば好きな人ができて、デートにも行く歳だ。UFOキャッチャーで全然だったという話にH君という友人が自分の奥義を伝授してくれたというわけだ。
H君曰く「デートに誘う勇気があるのは素晴らしい」「上手く行って欲しい」とのことで、懇切丁寧に教えてくれた。
今、思うに大分いい人なのだが、当時の私はそこまでH君に恩義を感じなかった。あの時の私に渇を入れたいと思う。また縁があればH君に御礼を言いたい。
足が遠のけば腕が落ちるのは当たり前で、久方ぶりのゲーセンでは全く取れなかった。
しかし、行くようになれば徐々に腕が上がってくる。
景品系のゲームは一発で取れないものも多い。
形状、アームの強さ、当たり判定(景品の動き)、これらを見ながら確実に落とすのである。
ちょっと前に欲しいスマホケースを取るところから再燃したUFOキャッチャー。スマホケースゲット戦で出会った店員さんが「ゲームなんで取れなきゃ面白くないですからね」と言った。昔からの偏見でゲーセンは絶対に景品を取らせたくないものだと思っていた。それとの勝負だと思っていたが、そうではない。これはゲームだと思うようになってから、気楽に挑戦できるようになった気がする。
要はコツはあるけれど、それは基本。現地でその機種にあるクセを読み取って景品を取るのだ。なんとも臨機応変さが面白いではないか。そんなわけで新しい趣味になりつつある。