大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

森井聖大改名す

どうでもいい話である。
むしろ愚痴である。

私が言う「文学フリマドンキホーテ」こと森井聖大が2017年を機に筆名を変えた。それが四月馬鹿かどうかはおいて、田舎に引っ込んでわかばばかり吸っていると人間、こうも耄碌するのかと呆れるばかりだ。
だが、彼は私を応援してくれている一人であり、一年に一回しか会わないのに飲みへ付き合ってくれる姿勢は好ましい。
何が言いたかったのか。
どうかこの記事を読んだ方は「森井聖大」をぐぐって新しい筆名をなんと読んだらいいのか、私の代わりに質問して頂きたいのだ。