大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

歯医者通いの終わり

今日の治療で一通り終わり、定期検診に移行した。昨年、定年退職したおっちゃんに紹介して貰ってからおよそ四ヶ月通ったことになる。腕の良い方でさっさと治療してくれた。下手なところに行ったせいで文字通り痛い目を見たが結果として土日もやっている歯医者を見つけられたからよかったかもしれない。
気分は浮かれて、外食でもして帰ろうかとも思ったが、懐が温まったわけではないから自重した。
旨そうなカップラーメンとナナチキで腹を満たした。
もう二月になろうとしている。
一月は職場で色々とあった。平穏な月というものはないのかもしれない。私自身は深く関わることはなくても、耳に入ってくる情報はこれまでよりも多い。そして、懐の寒さや今後も考えて、体調不良から休止していた転職活動も本腰を入れる。幸い、私は自分を高く売り込める条件が整っているようだから、歯も良くなったこの機会に済ませておく。
幸い、駄目だったらまた転職すればいいと妻は言ってくれている。