大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

初詣と御朱印帳

昨日は寒風吹く中、初詣に行ってきた。
場所は初めて行く石切神社近鉄石切駅からは大阪市内が一望出来る。妻が行きたいと言ったからで、大阪に住んで八年になろうとしているが、そのままでは行くことがなかったかもしれない。
近鉄石切駅からは急な坂をひたすら下って神社を目指す。
行きはよいよい、帰りは辛いなと思い、商店を抜けていく。やたらと占い屋が軒を連ね、それなりに人が入って行くのを見ると、怪しげな大阪のおばちゃんに自分の人生を相談する勇猛な御仁が多いらしい。
それらを尻目に梅ヶ丘うどんという梅干しが入ったうどんで暖をとり、腹を満たした。

f:id:duwazumi:20180114203351j:plain

店の名前は忘れたけれど、お茶が減れば「いりませんか?」と声をかけてくれる愛想の良い店であった。
店を出て更に下ると、急に道が狭くなる。
客引きに熱心な商店街に入り、そこを抜けると石切神社があった。
境内はそれなりの人で賑わい、皆熱心に手を合わせている。私も今年は願うことは多いと思ったけれど、長々となっては後ろに迷惑だからと作家らしく短くまとめて祈った。妻はこういうことに熱心であるから、きっちりとやっていた。
引いたおみくじは中吉でまあまあ、良い年になりそうだ。
そして、妻が御朱印を書いて貰っている間に、御朱印帳を買うかどうか迷っていた。中々気の利いたデザインの御朱印帳であったから、今年から始めようと愛想の良い巫女さんに頼んで買う。今まで多くの神社に行っていたから、今更感はあるけれど、これも何かの縁だ。少しでも出不精が直るじゃあないか。袋も買って次はどこへ行こうか考えている。