大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

3月に入る

 あっという間に2月が終わった。やることは一つ一つ達成していくしかないが、早く出版でやっていきたいという思いは強くなっていく。休日に作業が進む故にその充実感が半端ない。お賃金を貰っていても、勤め先にいる間の「何をやっているのだろう」という感情は日に日に大きくなっていくばかりだ。
 私のメンタル面もあるが、今がその時で、タイミング良く巡ってきたのではないか、と思っている。昔はできなかったが、今はできるということも多い。
 他の人と組むことで作業に〆切が出来たことも大きい。
 一人試行錯誤するより、意見を貰えるし、一つ商品を世に出すまでの修正をある程度行える。
 3月は大坂文庫の新サービスをリリースする予定だ。
 苦手な事務作業を己の尻を叩きながら進めている。
 独立して仕事をしたことがないから時々怖くなる時はある。経験したことがないことは誰でも怖い。定期的にやってきていた卒業、入学というものもなくなっている。しかし、学生の時はそれを受け入れてなんとかしてきたではないか。
 別れの季節。
 3月は会社を去る、プロローグになったと振り返られるよう一層励んでいく。