大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

2月という月

 年度末が近い月ということもあって、この時期に新生活の準備をするという人も多いのではなかろうか。季節柄のせいか妙な焦りを感じる。不安感というか。鬱症状のそれが出ているとは思いたくないが、ここ数日はそれに悩まされている。
 大学に進学する時は、高校に行かなくて済むこの季節に大学からの課題に追われていた。指定校推薦で11月には進学先が決まっていたのだ。
 就職先が決まり、一人暮らしを始めたのもこの季節であった。今も通う勤め先は3月から研修とアルバイトが始まるため、一足先に生活を始めたのだ。布団とPCしかなかったあの頃が懐かしい。
 プロポーズをしたのも2月であった。それから結婚生活に入るまでの準備に追われた。
 そんな感じで人生の節目を迎えた月であるから、慌ただしくないと不安に感じてしまうのかもしれない。
 自分の気持ちを静めるために、何か一つ新年度に向けた準備をしたほうがいいのかもしれない。便利道具を一つでも買ってみようかと思っている。