大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

最優先事項

「~すること。よろしい?」て言い方が嫌いだ。少なくとも会社で使うものではないと思う。言われると、とても不快である。それも無意味なことに使われたなら余計だ。
 定年退職した上司がいなくなって以来、半年も経たずして、会社の労働基準法を守る体制は崩壊し、元の小さな北朝鮮に戻った。その中で幅をきかせられるのは、将軍様中心に動けるものだけである。無茶苦茶な論理も通ってしまう。
 先日、追加された「最優先事項」は役員の部屋に稟議を運び入れることであった。
 それ自体は何ら問題はない。ノックして部屋に入れるだけなのだから。全てのことを放っておいて、それを優先しろという指示は「半端ねぇ」と思うけれども。
 問題は言い方である。目ん玉ひんむいて言うほどのことなのか。と思った。私は会社の税金申告書を作っている最中であった。彼は私と歳が倍ほども違うだけで、申告書一つも作られないから他で威張るしかない。いや、威張らなくてもいいのだが。
 馬鹿らしくて、嫌気がさしてしまった。
 トイレに行くのもままならない状態となっている。
 加えて、何かあれば何でも私にくるようになった。幸いなのは、残業がないことぐらいだ。
 なんでもポイポイ仕事を放り込まれる今に、PUIPUIモルカー四話のテディを思い浮かべる。
 ただ嘆いていても仕方がない。来るべき日のために粛々と証拠集めに勤しんでいる。更に学ぶことだ。座りこんでしまいそうになるが、その度に、志半ばで亡くなった人のことを思い出し、動いている。
 退職した上司がどれだけ優秀だったかがよくわかる。
 どんなところで、盾になってくれていたか、どういう風に管理して人を回していたか、状態が悪くなった今だからこそ見えてくるものがある。私は今との対比からそれを読み取り、身につけなければならない。