大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

最近は漫画

最近は家で小説を読む数が減っている。そういう時期らしい。そうしている内に各地のイベントで買った同人誌が積みあがっていくのだが、こればかりは仕方がない。そういう時にシフトするのを待つだけだ。
kindleは常におススメ商品が出てくる。流石にこれは面白くないだろ、と思って買うとおススメだけあって、見事にはまって全巻買いしてしまう。それで読みふけって一夜明かすこともままある。
または、Twitterで紹介されていた漫画に興味をもって、kindleで販売されていれば読んだりもする。
先週は「天は赤い河のほとり」を全部読んだ。二日酔いの土曜日はすべてこれに消化された。家を出ずして、全部そろえてすぐに読める時代だ。なんとも恐ろしい。ただ、そのまま生きていれば出会えなかったであろう作品たちを読み漁れるのは何とも幸せなことである。
今年はコミックスも完結する漫画が多い。
闇金ウシジマくんハイスコアガールも終わってしまう。
完結は一種の喪失感があるけれど、完結していることのありがたさも感じる。
財布のひもを縛らなければ、諸々の活動に滞りが出てしまうのに、この欲求にはなかなかあらがえない。