大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

第三回文学フリマ京都 報告

さる1月20日(日)みやこメッセに私はいた。朝から晩までスタッフをしていた。だから出店に関する話はない。
いつか関西で自分の本を自分の手で売りたいと思いながら、半分羨ましく出店者を見ていた。私が持っている50Mメジャーは重要な戦略兵器であったため、今どこにいるか確認電話がきたほどだった。
傘を差したのは朝の一回だけで、帰る時は雨もあがっていた。特に一大事も起きずに閉会した。朝は咳き込んでいたが、終わる頃にはコロっと治っていて声を出していたのが逆に良かったのかもしれない。文フリ京都のカレーは甘口になれた私には辛かった。休み休み食したほどである。思えばこの時から今日発症する逆流性食道炎の兆候はあったのだが、最近はご無沙汰だったため、何ら警戒することはなかった。
前回では全く買わなかった本も思った以上に買った。なんとなく興味がわいたところや、初めてで一生懸命な感じがしたところなど、予算をオーバーして購入した。懇親会で話した人のうち、自分の本を持っている人がいたら、それも大体購入した。中でもオカルトは苦手だが、書き上げる小説はホラーという人もいて中々面白かった。
また感想を書いて作者の糧にでもなればと思う。
ブログも二日休んでしまってまとめて更新することにした今日、逆流性食道炎による痛みに日中悩まされた。帰宅してからは歯医者から頓服にと貰ったロキソニンがあったので、逆流性食道炎の薬を飲みつつ、痛み止めとして飲んでようやく動けている。
余談ながら、昨日に給湯器は直った。
風呂に入れない心配をしなくていいようになった。