大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

noteを始めよう

noteを始めよう。そう思った。
今、利用している投稿サイトではそれなりに読まれているけれども、どうも居心地が悪い。色々仕切り直してケチがついて放ったらかしにしている連載も復活し、ブログでは活動面、noteでは小説とエッセイを書く。ブログでは時々、フィクションとノンフィクション半々ぐらいのネタを書いていたけれど、どこからどこまで本当で創作なのか分かりづらいと思うので、この機会に区別する。
しかし、noteのほうへ気合が入りすぎて、始めようと思ってから一ヶ月近く経っているのにまだ最初の投稿をしていない。