大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

ピエール研修する

ピエールはその髪型が芸をする時のタムケンに似たデブだ。
声はガラガラ、動きは何かの芸人に似ている。
彼の事を私は馬鹿にしていた。その仕事から「なんでこんな奴を雇ったのだ」とずっと思っていたのである。今日まで彼の役職も名前も知らなかった。私の中ではピエールで通っていたのである。
そんな彼が研修をした。自己紹介をする彼の経歴は中々に聞こえがいい。しかし、流れ流れてこの●●会社に来た事を忘れてはならない。ましてや日頃の業務内容である。あれは穀潰しだ。だが、私は経歴のところで彼をちょっと見直した。わけわからん奴から、左●デブへと。
彼は血を吸った蛭のように膨らんだ体をポンポンと弾ませて饒舌に語った。
要約すると「日経新聞を購読せよ」と「貴様らは最低ラインにすら立っていない」ということである。「自己投資せよ」とも宣った。
情報が溢れるこの時代に日経新聞のみを正解とするピエールの限界もさる事ながら、研修会場にいる皆が購読出来る給料を得ていないのである。そんな隅々まで読まないものを購読するぐらいなら、隅々まで使えるエロ本を買っているような連中ばかりだ。
ましてや自家発電に勤しんでいて自己投資など二の次である。出世しても給料は年にして5千円しか上がらず、飲み会の足しにもならない。それならばキリのいいとろこで転職してやろうと、士気が低い兵卒揃いなのである。
恐らくピエールはこの機会にぶちかませと唆されたのだろう。無邪気にその言葉を信じたのか、その舌は終了まで衰えることはなかった。ふと横を見ると後輩が白目をむいて鼾をかいていた。
彼は最後にこう締めくくった。
「言われたらやりましょう。言われてもやらないとは信じられない」
彼の言葉は響いたのだろうか。初対面の人が多く、その評価はこの時間で全て決まると言っていい。
結果、会場にいた皆はピエールのようになりたくないから言われた事をやらず、彼を信じもしないし、信じられたくもないと、早々喫煙室に去った。