読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

第二十二回文学フリマ東京報告

当日、無事に起床して設営から参加した。

いつもの第二展示場と違い、だだっ広く往復に時間がかかった。イベント的に良かったが、設営は思ったより疲れた。バミる作業は立ったり座ったりで運動不足を痛感する。無事に設営が終わると一杯飲みに行きたくなる気分が起こるのは今回も変わらない。

新刊「倭国合戦譚」をギリギリに入稿したので、無事に印刷出来たか心配で仕方がなかった。早くブースに行きたい衝動を抑えつつ、入場券を受け取る。その係が終わるとブースに走った。

何せ今回は体調不良で欠席となった合体配置の日表造形社の設営もしなければならない。日表造形社は今回、什器なし布のみとはいえ請け負った責任がある以上、不安は消えない。

あと来店者に渡す紙袋を助っ人である稲荷古丹さんに頼んだので、彼が来るまで一人でブースを見なければならなかった。前回のように一般来場者がブースの背後に来るという事はなかったので良かったけれど、その不安があって常に背後に気を配っていた。

新刊は無事、日表造形社の荷物も無事。

f:id:duwazumi:20160508212323j:plain

f:id:duwazumi:20160508212332j:plain

f:id:duwazumi:20160508212341j:plain

望月代表の挨拶に拍手で応え無事に開場する。

前回の来店者さんや数人挨拶に来て貰ったりしている内に、爽やかに稲荷古丹登場!(因みにこの日が初対面)

f:id:duwazumi:20160508212452j:plain

彼が気を利かせて小銭を用意してくれていたので、うっかり家に忘れた釣り銭も無事に確保する事が出来た。

大学の先輩が来たり、ウコンの差入があったりして、なんやかんやしている内に終了。

始終慌ただしく、全部見られなかったのが残念。挨拶しそびれたところも多かったので、今度から事前チェックしてからいこう。うん。毎回言っているきがするけれど。

懇親会は一次会だけ出て、後ろ髪をひかれる思いで大阪へ。

帰り途中まで一緒だった金沢のセクシーさんが金髪を隠して黒髪ヅラで会社行っているという話をして、面白いこというなあと笑いながら次回どうするか構想を練っていた。