読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

ふんどし

もしも貴殿が日本男児の平均身長、若しくはそれより上であるならば理解出来ない悩みがある。
背が低い男にとってはその悩みは永遠でクールビズ期間でないこの時期ならばほとんど毎日苦労している。休日を除いては苦労しない日などないのである。
何か。
ネクタイだ。
この長さをいい加減に結ぶと低身長者はネクタイが股間まで下がり、柄付きのふんどしと化してしまう。
これを平均以上の男は皆、「適当に結べばそれなりになるっしょ」と軽口を叩く。余ったふんどしで頬をひっぱたいてやりたくなる。
この悩みを解決してくれたのは同じ身長の店長だ。
初めてスーツを買った専門店で、「ネクタイでお悩みでしょう」とふいに結び方を教えてくれた。
それはもう、長年ふんどしで悩んでいた私にとって目から鱗の手法で、それ以降は一度としてふんどしになった事はない。しかし、長さを調節するから適当に結んでおしまいの御仁より時間がかかってしまう。
身長に合わせたネクタイが「どこでも」手に入れば低身長の人間はこんなつまらない事に時間を費やせずに済む。
誰かこれを見て短いネクタイを手軽に入手出来るように奮起してくれる心ある方はいらっしゃらないだろうか。

という生存報告。