大坂文庫

個人作家、上住断靱の活動記録

第十九回文学フリマに参加してきた。

11月24日(日)東京流通センターで開催された第十九回文学フリマに参加してきた。

今回も参加ジャンルは「歴史・古典」。

設営を手伝い、受け取ったカタログを見ると日本地図にパンダが三つあった。文学フリマが地方拡散していくと物語っていた。今後、このパンダが増えていく事になるのだろう。

二階の奥側で広々としていたが、増加した入場者数を感じ取れるほど人は来なかった。だが、新刊の純文アンソロジー「見上げた男」は完売。ガイドでも紹介された「あのここ」と「おとニート」、忍者歴史小説短編集「忍嚆矢」もぽつぽつ売れた。

中には「見本誌を見て良さそうだったので」と買いに来てくれる人もおり、今回の文学フリマでは確かな手応えを感じた。

元々、一~三部売れたら良いという弱小サークル出身者だけに新刊完売という結果は、ちょっとした達成感を得られた。

売り子を手伝ってくれた猿川西瓜さんと喜び合った。

f:id:duwazumi:20141125165921p:plain

今回は、例大祭はてなブログ、小説家になろうとのコラボがあってイベント内企画が目白押し。例大祭カレンダーは事務局本部のお手伝いで行った際に何人か完成する現場に立ち会ったので成功だったらしい。

終了後は打上に参加し、またも家に帰り損ねた。

次回からは翌日平日の場合は会社を辞めてくるか、最初から参加しないか考える必要があるだろう。それでもこの打上で本の企画なんか立ち上がったりするから侮れない。取り敢えず男女問わず色んな人に抱きついた。事務局の誰かにも抱きついておけばよかった。

後輩は色んな男にキスをしていた。

頭痛がする中、青砥さんの導きで今回も無事に宿へと溶け込んだ。

雨が降る中、帰阪した。次の文学フリマは金沢だ。文豪を生み出した彼の地で、私は本以外の役目も負うことになるだろう。